真性包茎の手術を受けたら術後どうなる?

「包茎」に関する悩みを抱えている男性は意外と多いといわれています。
一方で一言で「包茎」といってもその症状はさまざまです。
特に「真性包茎」で悩まれている方はさまざまなリスクがあるため医療機関での早期治療が推奨されています。
デリケートな部分の話ゆえに医療機関での受診に抵抗感を覚える方もいるかもしれませんが放っておくと大変なことになるので早めにその一歩を踏み出してみることをおすすめします。
なお、改めての説明になりますが「真性包茎」というのは男性器の亀頭が通常時だけでなく勃起時でも完全に包皮に覆われている状態を指し示す言葉です。
つまり、そのほかの包茎と比べて自らの手で包皮を向くことができない点がその最大の特徴です。
このように包皮を剥くことができないため亀頭と包皮の間に雑菌やばい菌がたまりやすく衛生面でのトラブルを起こしてしまう危険性がある点には注意が必要です。
また、女性からも敬遠されがちな症状と言えるので異性間のトラブルのもとにもなりやすいといわれています。
そんな「真性包茎」はご自身のセルフケアである程度その症状を改善できることもありますが可能であればメンズクリニックで手術を受けるのがおすすめです。
術後は通常時でも勃起時でも包茎でない状態にすることが可能なためです。

真性包茎の治し方と手術の方法について

包茎には3つの種類がありますが、手術の必要がない包茎と手術の必要がある包茎とに分かれます。
真性包茎は手術を検討する必要があります。
仮性包茎の場合は問題がなければ治療の必要がありませんが、真性包茎は包皮を剥いても亀頭が露出しないので炎症の原因になります。
包皮を無理に剥こうとする男性もいますが、無理に剥くと痛みをともなうので専門のクリニックで医師に相談した方が安心です。
真性包茎の治し方には手術による治療と軟膏を使った治療があります。
軟膏を使った治療でも治らない場合は包皮を切開して亀頭を露出させます。
大人の場合は部分的な麻酔で施術することが可能なので、専門クリニックによっては入院の必要がないです。
切開して治療する場合は、背面切開術と環状切開術があります。
真性包茎は背面切開術を行うケースが多いです。
背面切開術の場合は傷跡が少なくて済みます。
包皮を取りすぎてしまうこともなく、保険診療が可能です。
真性包茎の施術を行う場合は事前にカウンセリングがあるので、施術内容が不安な場合は納得できるまで説明を受けられます。
専門クリニックの中にはメール相談のサービスを行っているクリニックも増えています。
メール相談なら匿名で相談することが可能です。

真性包茎のクリニック治療に必要な費用は?

真性包茎は様々な包茎の症状の中でも最も深刻なものであり、ペニスの亀頭を露出することができないため性交にも影響を及ぼすことになります。
包茎であれこれと悩んでも自分で解決することは難しくなりますので、まずは専門クリニックで相談をしてみることをおすすめします。
真性包茎は病気の一種であるため、一般的な病院で手術を受けることも可能です。

真性包茎には健康保険が適用されるため費用はそれほどかかりませんが、一般病院で手術を受ける際には注意が必要です。
あくまでも治療の一種として手術が行われるため、見た目に関してはあまり考慮されないことが多くなります。
そのためハッキリとした傷跡が残ってしまったり、あるいは施術の箇所がツートンカラーになって目立つ場合などがあるのです。
いくらペニスの機能に問題がないといっても、これでは残念な結果だといえるのではないでしょうか。

真性包茎の手術についても、やはり専門クリニックに任せるのが安心で確実です。
ペニスの正常な機能を取り戻すことはもちろんですが、さらに見た目にもしっかりと配慮をした手術を受けることができます。
傷跡が目立たない自然な仕上がりとなりますので、銭湯やサウナなどでも自信を持って過ごすことができるでしょう。

痛みの少ない施術の専門クリニックで真性包茎を完治!

平常時であっても勃起時であっても亀頭が包皮に覆われてしまっている状態の真性包茎にずっと悩んでいました。
自分ではどうしようもないので、色々調べてみた結果やはり専門のクリニックで施術してもらうことにしたのです。
自宅から通える範囲にある専門クリニックを検索していみるといくつかあることがわかり、その中でも痛みの少ない施術が行なわれるというクリニックを選んで行くことにしました。
相談や予約が、ラインやメールで24時間受付OKであるのが、先ずお手軽で良いなと思いました。
実際に予約して、緊張しながら行ったのですが、きちんとプライバシーが守られており、先生もスタッフの方もとても親切で気持ちが和んだのも良かったです。
きちんとしたカウンセリングが行なわれ、納得した上で治療が行われるというのも安心出来ました。
幾つかの麻酔を組み合わせたり、痛み止めを飲んだりしたので、ほとんど痛みを感じることがなかったのが大きな魅力でした。
また、美容整形などで用いられる縫合方法で傷痕も目立たず綺麗に仕上げてもらったのも良かったです。
包茎治療の専門医師によって短時間で施術が行なわれ、何かあった時のアフターケアや相談なども随時行われるのも安心サービスです。
思い切って専門クリニックに行って良かったと思っています。
同じように悩んでいる方も、一人で抱え込まず先ずは相談から始めてみてはいかがでしょうか。

サイトPR
専門クリニックで真性包茎の手術をするならコチラへ

「メンズサポートクリニック」
フリーダイヤル:0120-76-6800
東京都新宿区西新宿1-19-5 新宿幸容ビル3階
神奈川県横浜市西区南幸2-11-1 横浜MSビル6階
https://mens-spclinic.jp/

気になる真性包茎の治し方

包茎には複数の種類があり、仮想包茎の場合は問題がなければ治療をする必要はないです。
真性包茎だと亀頭が露出しないので垢がたまり感染症やニオイの原因になります。
衛生状態が悪いまま放置していると深刻な病気になるリスクがあります。
真性包茎は包皮の入り口部分が小さくなり、亀頭が露出できていない状態です。
仮性包茎は手で剥くと亀頭が露出しますが、真性包茎は包皮を手で剥くことができないので病院の泌尿器科か専門クリニックで治療します。
真性包茎の治し方は診察を受けたクリニックにもよりますが、主に切開する方法と軟膏を使った方法があります。
仕事で忙しい男性の中には手術となると躊躇する人もいますが、最近は日帰り手術を行っているクリニックも増えています。
痛みが心配な男性もいますが、大人は局部麻酔で手術を行います。
手術の方法は主に2種類あり、ひとつは背面切開になります。
通常は吸収される特殊な縫合糸が使われるので、抜歯の必要はないです。
包茎の手術をした後は歩いて帰宅できます。
手術をしてから1ヶ月くらいの間は性行為や自慰行為は控えます。
初めて包茎の治療を受ける場合は不安を感じる男性も多いですが、手術前には医師によるカウンセリングがあり充分な説明を受けられるので安心です。