真性包茎の治し方と手術の方法について

包茎には3つの種類がありますが、手術の必要がない包茎と手術の必要がある包茎とに分かれます。
真性包茎は手術を検討する必要があります。
仮性包茎の場合は問題がなければ治療の必要がありませんが、真性包茎は包皮を剥いても亀頭が露出しないので炎症の原因になります。
包皮を無理に剥こうとする男性もいますが、無理に剥くと痛みをともなうので専門のクリニックで医師に相談した方が安心です。
真性包茎の治し方には手術による治療と軟膏を使った治療があります。
軟膏を使った治療でも治らない場合は包皮を切開して亀頭を露出させます。
大人の場合は部分的な麻酔で施術することが可能なので、専門クリニックによっては入院の必要がないです。
切開して治療する場合は、背面切開術と環状切開術があります。
真性包茎は背面切開術を行うケースが多いです。
背面切開術の場合は傷跡が少なくて済みます。
包皮を取りすぎてしまうこともなく、保険診療が可能です。
真性包茎の施術を行う場合は事前にカウンセリングがあるので、施術内容が不安な場合は納得できるまで説明を受けられます。
専門クリニックの中にはメール相談のサービスを行っているクリニックも増えています。
メール相談なら匿名で相談することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です